過敏性腸症候群【私はIBSです。】

過敏性腸症候群(IBS)になりやすい人

こんな人は過敏性腸症候群になりやすい!

過敏性腸症候群(IBS) 過敏性腸症候群(IBS)という病気は、ストレスに脳が敏感に反応してしまい、間違った指令を腸に出してしまうため、下痢や便秘といった症状に悩まされます。

ストレスが深く関係しておりますので、その人の性格によって、過敏性腸症候群(IBS)になってしまいやすい性格というものがあります。

まじめで完璧主義

 自分で言うのもなんですが、私はこの性格です。何事にもまじめで真剣に取り組み、どうせやるなら完璧にやりたいと思って、がんばる人のことです。

しかし何事も完璧にやろうと思うと、精神的にも自分を追い込みますし、肉体的にもしんどい面もでてきてしまいますので、気づかないうちにストレスを溜めてしまい、どんどん自分を追い込んでしまいます。

このストレスが引き金になって、過敏性腸症候群(IBS)になってしまうのです。

几帳面で神経質

 何事もこうでなければいけない!と決め付け、思い通りにいかないとすごくストレスを感じてしまうタイプです。

しかし、世の中には自分の思い通りにいくことの方が少ないので、必要以上にストレスを溜めてしまいます。

一人で抱え込みやすい

 心や体に何かストレスを感じていても、人に話したり息抜きをすることができなくて、ずっと一人で抱え込んでしまうタイプです。

このタイプも、必要以上にストレスを溜めてしまいます。


 過敏性腸症候群(IBS)は、ストレスが発症のきっかけになることがありますが、他の人よりストレスに弱いとか、精神的に弱いとかで、自分を責めてしまう人がいますが、それは間違いで、他の人より少し脳や消化器官が敏感だというだけで、体質的なものです。

 ストレスに敏感な体質を持っている人は、どうすればストレスを軽減したり、回避したりできるかを考えていくことが、過敏性腸症候群(IBS)を自分でコントロールするために大切なことです。

 IBS患者特有の途中下車の恐怖から救う方法がマニュアル化されています。病院に行っても一向に効果のない方におすすめできます(^v^)

ページの一番上へ>          次のページ→症状がでやすい状況
サイトのTOPページへ