過敏性腸症候群【私はIBSです。】

過敏性腸症候群(IBS)の薬の効果

過敏性腸症候群(IBS)の薬の効果

薬 過敏性腸症候群(IBS)の薬では、過敏性腸症候群(IBS)で一般的に使用される薬をご紹介いたしましたが、それぞれのにどのような効果があるのか、詳しく解説していきたいと思います(^^)

消化菅機能調整薬

抗コリン薬(鎮けい薬)

<薬名>ブスコバン・セスデン・チアトン・トランコロン

<効果>腸のぜん動運動を緩やかにし、痛みを和らげる作用があります。特に、下痢・腹痛・交替型の人に有効です。

オピオイド作動薬

<薬名>セレキノン

<効果>消化器官の運動を調整します。腹痛に即効性があり、特に下痢型の人に有効です。

ぜん動抑制止痢薬

<薬名>ロペミン

<効果>自律神経に作用して、腸のぜん動運動を抑える、強力な下痢止め効果があります。

セロトニン4受容体刺激薬

<薬名>ガスモチン

<効果>弱った胃や腸の運動を活発にし、吐き気や嘔吐、食欲不振や膨満感、胸やけなどの症状を改善します。

セロトニン5受容体拮抗薬

<薬名>イリボー

<効果>最近、過敏性腸症候群(IBS)の特効薬として発売されました。セロトニンと呼ばれる神経物質を遮断して、腸の異常なぜん動運動を抑制します。特に男性の下痢型に効果的です

便の状態を調整する薬

ポリカルボフィルカルシウム

<薬名>ポリフル・コロネル

<効果>この薬自体に吸水作用・保水作用がありますので、便中の水分量を調節することで、下痢と便秘両方に効果があります。

対症療法の薬

粘膜まひ薬

<薬名>ストロカイン・トピカイン

<効果>食後の便意、腹痛がひどい場合に効果があります。

整腸剤

<薬名>ビオフェルミン・ラックピー

<効果>腸内細菌のバランスを整えることで、腸内環境を改善します。

ガス減少薬

<薬名>ガスコン

<効果>腹部膨満感やガスがたまっているときに効果があります。

便秘薬(下剤)

<薬名>バルコーゼ・アローゼン・プルゼニド・ラキソベロン

<効果>便を柔らかくして、排便を促す効果があります。

自律神経調整薬

トフィソパム・ガンマオリザノール

<薬名>グランダキシン・ハイゼット

<効果>脳の大脳辺縁系と視床下部に直接作用して、自律神経を調整することで、体に起こる様々な症状に効果があります。

抗不安薬

ベンゾジアゼピン系・チエノジアゼピン系・クエン酸タンドスピロン

<薬名>ベンゾジアゼピン系(セルシン・ホリゾン・レキソタン・セニラン・メイラックス・セパゾン・ワイパックス・エリスパン・ソラナックス)チエノジアゼピン系(デパス・リーゼ)クエン酸タンドスピロン(セディール)

<効果>自律神経に作用し、不安やあせりなどを和らげ、下痢、便秘、腹痛などの症状を和らげます。抗不安薬にはたくさんの種類がありますから、効果を見ながら種類を変えていくこともあります。

抗うつ薬

三環系抗うつ薬・四環系抗うつ薬・SSRI・SNRI

<薬名>三環系抗うつ薬(トフラニール・アナフラニール・トリプタノール・アモキサン・プロチアデン)四環系抗うつ薬(ルジオミール・テトラミド・テシプール)SSRI(パキシル・デプロメール・ルボックス)SNRI(トレドミン)

<効果>過敏性腸症候群(IBS)では、便通異常や腹痛が続きますので、抑うつ傾向になる患者さんがいらっしゃいます。抗うつ薬は、不安や緊張、あせりなどのうつ症状を和らげ、腹痛などの痛みを緩和する効果があります。

漢方薬

桂枝加芍薬湯

<効果>腹痛を伴う下痢や便秘、交替型に効果的です。過敏性腸症候群(IBS)ではよく使う漢方薬です。

桂枝加芍薬湯大黄湯

<効果>便秘や腹痛がひどい場合に効果的です。特に、体力が低下している人に使います。

半夏瀉心湯

<効果>腹痛を伴う下痢や便秘、交替型に効果的です。お腹が鳴る方にも効果があります。

甘草瀉心湯

<効果>下痢・便秘・交替型・腹鳴に効果があります。不安やイライラを緩和する効果もあります。

逍遥散

<効果>腹痛を伴う下痢・便秘、または交替型の人に効果的です。特に、便秘には、残便感が強く便が細くコロコロしていて、疲れが溜まったときに症状がでる人に効果的です。


 以上のように、過敏性腸症候群(IBS)で使う薬はたくさんありますので、覚えなくてもいいので、こんな感じの薬があるのか〜程度で充分です。

もし、医師の説明が難しければ、このページを参考にしてみてくださいね(^^)

 ちなみに、私が治療の始めの方に処方されたのは、便の状態を調整する薬(ポリフル)と抗不安薬(デパス)と整腸剤でした。

 IBS患者特有の途中下車の恐怖から救う方法がマニュアル化されています。病院に行っても一向に効果のない方におすすめできます(^v^)

ページの一番上へ>          次のページ→医者選びが非常に大切!
サイトのTOPページへ