過敏性腸症候群【私はIBSです。】

過敏性腸症候群(IBS)とストレス

過敏性腸症候群(IBS)とストレス

 過敏性腸症候群(IBS)は、ストレスと非常に深く関係しています。

普通の人でも下痢や便秘は急に起こることがありますが、そのほとんどが一過性のものですが、過敏性腸症候群【IBS】の人は、心や体にストレスがかかることにより、腸が過敏に反応してしまうので、慢性的な下痢や便秘に悩まされます。

 心のストレスというのは、例えば電車に乗ったり、会議中にはトイレに行けないと不安というようなことをいいます。心にプレッシャーがかかっている状況です。

 体のストレスというのは、冷たい飲み物や刺激物を食べたり飲んだりして、胃や腸に負担がかかっている状況のことをいいます。

 普通の人であれば、日常生活でよくある小さなストレスですので、なんともないのですが、過敏性腸症候群【IBS】の人は、必要以上に腸が過敏になっていますので、下痢や便秘などの症状を起こしてしまうのです。

過敏性腸症候群(IBS)は自律神経失調症の1種

 脳と胃や腸といった消化器官は、自律神経といわれる神経によって繋がっています。自律神経には、交感神経副交感神経があるのですが、交感神経は運動や仕事など活動的な時に働き、副交感神経は、体を休めている時に働きます。

 通常、胃や腸といった消化器官は、副交感神経が優位になったときに活発になりますが、過敏性腸症候群(IBS)の人は、仕事中や運動している時には、交感神経が働いているはずなのに、胃や腸が活発に動いてしまいます。

いわゆる、交感神経と副交感神経がうまく機能していない状態、自律神経失調症です。

 過敏性腸症候群(IBS)の人は、トイレに行けないというストレスや、刺激物を食べた時に脳が必要以上に敏感に反応してしまい、消化器官に間違った指令を出すため、正常な動きができなくなってしまうのです。

過敏性腸症候群(IBS)とストレスは、非常に密接に関係しているのです。

 IBS患者特有の途中下車の恐怖から救う方法がマニュアル化されています。病院に行っても一向に効果のない方におすすめできます(^v^)

ページの一番上へ>          次のページ→ストレスをためない方法
サイトのTOPページへ