過敏性腸症候群【私はIBSです。】

便秘が続くときの食事

便秘が続くときの食事

便秘 過敏性腸症候群(IBS)便秘は、便中の水分が少なくなって硬くなってしまい、排便しにくくなってしまっている状態です。ですので、普通の便秘と同じ対策をします。

 便秘を解消するためには、腸内にたまった便中に水分を供給する必要があります。

食材の中では、海藻やこんにゃくなどは、水溶性の食物繊維で保水性が高く、便に水分を供給してくれます。スープやお味噌汁の具にして、たくさんとるとよいでしょう!

また、水やお茶を普段よりもたくさん飲むようにします。冷たい牛乳を飲む人もいますが、刺激が強すぎる場合がありますので、まずは水やお茶から試します。

コップ1杯ずつを1時間毎に飲むようにし、ジョギングやウォーキングなど、お腹をひねるような運動をすると、さらに効果的です。

 下剤や浣腸に頼っていると、効かなくなってくることがありますので、できるだけ食事で便秘を解消するように心がけましょう!

便秘の時に避けたいもの

 便秘の時は、消化がしにくい脂っこいもの(豆など)や、腸にたまる炭酸などは便秘を進行させますので避けます。たばこもやめておいた方がよいでしょう。

 IBS患者特有の途中下車の恐怖から救う方法がマニュアル化されています。病院に行っても一向に効果のない方におすすめできます(^v^)

ページの一番上へ>          次のページ→腹部膨満感・おならが続くとき
サイトのTOPページへ