過敏性腸症候群【私はIBSです。】

お腹が気になり日常生活がつらい

過敏性腸症候群(IBS)で、うつ症状がでることも

うつ症状 過敏性腸症候群(IBS)は、頻繁に下痢や便秘、腹痛といった症状に悩まされますので、1日中お腹のことが気になり、憂うつになってしまう人もいます。

1日中憂うつな状態が長期間続くと、自分を責めたり、夜眠れなくなるなど、抑うつ症状を併発することもあります。

 うつ傾向が強まってきた場合は、過敏性腸症候群(IBS)の治療を進めると共に、心の専門科である心療内科を受診しましょう!

心療内科では、抗うつ薬や精神安定剤など、抑うつ症状を軽快させる薬を処方します。精神状態や心が安定することで、過敏性腸症候群(IBS)の症状も抑えられることが多いです。

また、抑うつ症状がある場合、家族の理解とサポートが必要不可欠です。過敏性腸症候群(IBS)の人の気持ちを理解し、優しくサポートしてあげましょう!

 IBS患者特有の途中下車の恐怖から救う方法がマニュアル化されています。病院に行っても一向に効果のない方におすすめできます(^v^)

ページの一番上へ>          次のページ→TOPページへ
サイトのTOPページへ