過敏性腸症候群【私はIBSです。】

過敏性腸症候群は治る病気?

過敏性腸症候群(IBS)は完治するのか!?

完治 過敏性腸症候群(IBS)という病気の特徴は、下痢や腹痛といった身体的な症状が、ストレスや不安感、緊張感という精神的な症状と深く関係しているというところです。

 そのため、本人の性格や周りの環境など、さまざまな要因が複雑に絡み合って症状を引き起こしているので、薬を飲めば必ず治るというものではなく、本人にあった薬や治療法を探しながら、治療していく必要があります。

 ですので、治療を始めてもなかなか治らない場合や、周りの環境が原因である場合、仕事など簡単に変えられるものでない場合は、症状が長引くこともあります。

 また、過敏性腸症候群(IBS)は本人の性格も深く関係しているので、一旦症状が治ったと思っていても、引越しや職場の異動など、環境が変わることで再発することもあります。

 過敏性腸症候群(IBS)という病気は、人によって原因はさまざまで、その人に合った治療法もさまざまですので、必ずすぐに治る病気とは言い切れません。長引いたり再発する人もいます。

 しかし、私もそうですが、完全に治そう!と思うのではなく、私はこういう体質だから、過敏性腸症候群(IBS)とうまく付き合って、自分である程度コントロールしていこうという気持ちでいた方が、気持ちも楽になり、精神的なストレスも減ります。

こういった気持ちの持ちようでいることが、結果的に過敏性腸症候群(IBS)の症状を起きにくくすることにつながるのです!

 IBS患者特有の途中下車の恐怖から救う方法がマニュアル化されています。病院に行っても一向に効果のない方におすすめできます(^v^)

ページの一番上へ>          次のページ→過敏性腸症候群(IBS)の診療科
サイトのTOPページへ